第41回Aiさん桜まみれの撮影会終了レポート

桜ポートレート

今年の4月は珍しく桜がほぼ満開の時に開催する事ができ、参加者の皆様には桜ポートレートを楽しんで頂けました。

モデルは初登場のAi(アイ)さんです。
幼少の頃からやっていたバレエをベースにいろいろな事にチャレンジされているモデルさんです。

桜ポートレートモデルのアイさん

桜のシーズンが少し遅かったので桜周辺に花見客はほぼおらず、コスプレやモデル撮影をされている方がほとんど。

満開に咲く桜はかなり綺麗で風が吹いた時の桜吹雪は何ともいえない美しさ!
そこにモデルのAiさん立つだけで写真が成り立ってしまうような特別な日でした。

桜の季節にモデル撮影

通常1枚しか使わないレフ板もなぜか皆さんのテンションが上がりレフ板部隊が3名体制。
もちろんただ当てるだけではなく
なぜここから?なぜこの角度で?など考えながら。

モデル撮影のレフ板集団

とにかくこの日は桜と緑が綺麗でどこを撮っても絵になってしまう撮影日和。

とにかく桜が綺麗な日

前半はこの桜周辺の半径10mぐらいの範囲でフィニッシュ。

大阪でポートレート撮影会

クモも桜と戯れ中。

クモとさくらが戯れる

後半は桜から離れて、ほぼいつものコース。
老朽化の手入れが入り、いろんな所が補修されてマイナーチェンジ。

モデル撮影会

参加者の方から、
撮影場所を探したけれど、どこで撮って良いかさっぱりわからないとヘルプミーのお声が。

じゃーここからどうぞ!
っと言ってしまうとただの可愛い女の子を撮るニャンニャン撮影会になってしまうので、場所選びのヒントというかポイントというか普段から気を付けて見ている事をお伝えしてみようと思います。

・まずそもそも何を撮りたいのかを明確に
・太陽の位置
・光の当たり方
・背景は可能な限りシンプルに
・背景分離できるかどうか

場所選びが一番難しいのでスムーズに決められなくても落ち込まないように!
悩んで悩んで悩みまくりましょう。

幼少の頃からバレエ

場所が決まれば
・モデルの配置、立つのか座るのか歩くのか、右向くのか左向くのか。。。
・ラティングやレフ板等が必要なのかどうか ※無くて良い場合も多々あり

その他細かくはいろいろありますが
基本的に上記の事を確認しながら撮影場所を決めていけば、大きな失敗はなく一歩づつ撮影技術向上へ繋がっていくはずです。

モデルAiアイ

って事で4月の撮影会も無事終了となりました。

次回の撮影会は5月14日(日)に開催予定ですので
ご都合の合う方は是非お申込み下さい。

それではよろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

フォトテクニックデジタル
ページ上部へ戻る