第11回浴衣モデルin鶴見緑地公園終了レポート

青い浴衣の女性

今回のポートレートスキルアップは大阪にある鶴見緑地公園で浴衣モデル撮影会を開催しました。
当日は午後からガッツリ雨予報が出てましたが、午前中は雨時々晴れで午後からは曇り時々雨と天候にかなり左右される状況となってしまいました。
また3部制と長時間にも関わらず雨と湿気と虫と格闘しながらもモデルさんが頑張ってくれました。

浴衣モデル撮影スタート

いきなり雨だったので、軒下の雨のかからない所へ移動。
モデルさんと参加者の距離が少しでも近づくように超簡単な自己紹介からスタート。(2部、3部の時はなぜか既に打ち解けた感があったのでウッカリしなかったです・・・)

浴衣モデルいつも通り、時間を区切ってメインカメラマンとモデルさん1対1で、それ以外のカメラマンは脇撮りOK。
自分の番までロケハンするも良し、露出合わせるも良し、目線なしを狙うのも良し、ひたすらピント合わせる練習するも良し、遊んでる時間はありませんよ!

浴衣で大阪

昼頃になると雨もやみ、少しづつ光がまわり出してきました。
他でも浴衣のグループがいましたが、噴水の中で2灯スタンド立てて撮影しているツワモノもいたようです。
一般の方は少なかったので今回は特に問題ありませんでしたが、でかいカメラを持ってるだけでも威圧感があるので一般の方への配慮とマナーは皆様最優先でお願い致します。

浴衣と和傘

小物を用意するとどうしても小物に頼りがちになってしまう為、普段用意する事はありませんが今回は浴衣という事で和傘とうちわを用意してみました。(うちわは撮影し忘れ・・・)

ポートレート 大阪

ポートレート初心者の方は設定や露出合わせに必死になってしまい、モデルさんとのコミュニケーションが上手に取れず無言になってしまったり、ピントすらなかなか合わずピンボケ量産になってしまいがちですが、回数を重ねるごとにそれぞれ課題を見つけて目標設定されたり、事前に構想を練って準備して来られたりと着実に皆さんステップアップされています!!

構図を作る上で頭を切るのは有り?無し?

参加者の方からどういう構図で撮ったら良いのかわからないと、なかなか究極のご質問を頂いた流れの中で、頭は切って良いんですかという質問がありましたのでここでも少し触れてみたいと思います。

浴衣モデル

スパ切り気になりますか?背景の雑さの方が気になります・・・

正解はというと明確な意図さえあればOKだと思います。
私自身も普通に頭スパ切りします。私の勝手に師匠と思っている巨匠の作例を見てもスパ切りしてます。
ただ、婚礼写真などの別ジャンルではスパ切り厳禁と言われる場合もあるようです。

次回スケジュール

次回のポートレートスキルアップは8月23日(土)を予定しています。(夏も終盤なんで海辺でやりたいと思っています)

さらに9月はスペシャルでナイスなスキルアップイベント開催予定!乞うご期待!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

フォトテクニックデジタル
ページ上部へ戻る