土屋勝義ポートレートワークショップ 大阪

ポートレートワークショップ

2014年9月28日、CAPAの表紙撮影やEOS学園の大人気講師、東京の最前線でご活躍されている土屋勝義氏による講義+実習+講評と関西では経験する事の出来ないような1日集中型の濃密ポートレートワークショップを開催します。
※初心者?上級者の方までご参加頂けますがカメラの使い方講座ではございません。

日 時 2014年9月28日(日曜日)
時 間 10:00?16:30
※9:40受付開始
場 所 集合・講義・講評:花博記念ホール(鶴見緑地公園内)
撮影実習:鶴見緑地公園
アクセス 地下鉄長堀鶴見緑地線「鶴見緑地駅」より徒歩約5分
地図PDF
講 師 土屋勝義 先生
ブログ
Facebook
募集人数 先着40名
受講料 17,500円
申込受付期間 2014年8月9日?2014年9月17日
※定員になり次第受付終了となり、その後キャンセル待ちの受付になります。
主催 ポートレートスキルアップ

ポートレートワークショップ概要

プロ直伝ポートレート講義

プロならではの撮影技術や撮影への取組方・考え方など、ここでしか聞けないような貴重な講義を作例も交えて受講する事が出来ます。

プロの撮影技術を体感フォトセッション

プロの写真家は実際どう撮っているのか、モデルとはどう向き合っているのかなどポートレート撮影テクニックを間近で学ぶ事が出来ます。

実際にプロのモデルを使って撮影実習

万木真理子竹内星菜土屋先生の講義やフォトセッションで学んだ事を撮影実習で十分に発揮して下さい。

土屋先生の指導を受けながら2人のプロのモデルを撮影します。ミニフォトコンに備えてベストな1枚を狙って下さい。

MODEL左竹内星菜
MODEL右万木真理子

ミニフォトコンテスト

撮影実習のデータをプリントし、参加者全員で投票するフォトコンテストを開催します。
※jpg補正なしA4サイズフチ有でプリントします。

作品講評会

A4サイズでプリントした実習データの講評会になります。
自分の作品だけでなく同条件で撮影した他の方の作品を見る事ができ、さらに自身の課題解決やステップアップに繋がるようなプロ目線での講評会です。

※雨天決行ですが雷雨や暴風の場合、撮影実習の内容を変更する場合がございます。
また、ワークショップ内容は予告なく変更する場合がございますので予めご了承ください。

お申込み・ご利用について

お申込み資格
満20歳以上の成人の方で、デジタルカメラをお持ちの方のみご参加いただけます。
※未成年の方は事務局までお問合せ下さい。
機材について
デジタルカメラ、レンズなどご自身の撮影に必要な機材をご準備いただき、SDカードなどのメディアは少し多めにお持ちください。当日は機材の破損や盗難にご注意下さい。
※万が一機材の破損や盗難があった場合でも主催者、その他関係者は一切責任を負いかねますので参加者自身の責任で管理頂くようお願いします。
お支払について
お申込み後1週間以内に指定の方法でお支払下さい。お申込み後にお送りするメールに詳しく記載しております。
お支払方法は銀行振込、VISA/Masterクレジット決済(SPIKE)がご利用頂けます。
昼食について
花博ホール内での飲食は可能となっておりますので昼食をお持ち頂くか、ホール内での飲食は一切禁止となっておりますので、昼食をお持ちの方はホール外の公園または、公園内軽食屋さんをご利用下さい。
キャンセルについて
・2014年9月21日?9月26日の期間のキャンセルは参加費の30%をご負担頂きます。(代わりの方が見つかった場合、振込手数料のみでキャンセル費用は発生しません。)
・2014年9月27日?のキャンセルは参加費の100%をご負担頂きます。(代わりの方が見つかった場合、振込手数料のみでキャンセル費用は発生しません。)
キャンセルの返金はご負担金と振込手数料を差し引いた金額をご連絡を頂いた日から7日以内に指定口座へ振込手続きをさせて頂きます。
禁止事項
・運営スタッフ又は講師の指示に従わない行為
・他の方の迷惑になるような行為
・動画撮影
注意しても改善されないもしくは改善の余地がない場合、運営者の判断で進行の途中であってもお帰り頂く場合がございます。
当日の撮影データの取扱い
・商用以外で個人で楽しむ範囲でのご利用は可能です。
・他の参加者の顔が写りこんでいる写真の公開はご遠慮下さい。
上記をお守り頂けない場合、訴訟問題に発展する場合がございます。

上記の内容に同意頂ける方のみお申込みフォームへお進み下さいお申込みボタン

※お申込みフォームから登録が出来ない場合は、お問合せもしくはFacebookのメッセージよりその旨をご連絡下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

フォトテクニックデジタル
ページ上部へ戻る